Vainglory攻略・まとめwiki

Vaingloryの攻略情報・データベース・海外情報の翻訳など

高火力クリスタルペタル(Petal to the Metal)


petal-splash

アビリティパス

1 5 10 11
2 3 4 7 8
6 9 12

アイテム選択

開始
最初に戻った時
最終ビルド

ビルド概要

序盤レーン

でいろいろなアイテムでスタートしてみた結果、レーンに留まるのにベストな方法はエナジー回復とポーションだということが分かりました。のコストはほとんどかからず、レベル1ではそれを取らざるを得えません。レーンへ駆け込み2-5個の種をブッシュに置き、レーンへやってくる敵に自動攻撃を仕掛けます。レベル2ではの潜在力を引き出すべくをアンロックしますが、ムニオンたちはが弱い状態では役に立ちません。なので私は最初にを買うようにしています。序盤ではgankの心配はなく、ブーツを買わなくてもレベルを上げていくことができます。

私はだいたいでレーンを担当していますが、ムニオンを維持できるようになってくると彼女はジャングルでも活躍できます。

最初の戻り

最初のベースへの帰還(死に戻りじゃないと良いですが…)でを入手してください。私は何度もでプレイしてクリスタル力を最初に上げて、敵をレーンから力ずくで追い出したりと妨害をしていました。その結果、1対2や1対3の状況を持ちこたえるためにいつもエナジー切れとなっていました。はその問題を解決するための手段となったのです。+5エナジー回復は購入できるアイテムの中でも非常に高い数値です。

この段階でプレイヤーたちは再びショップへ行く前にアルティメットを取得していきます。このタイミングがブーツを買うタイミングです。もし誰かのアルティメットを食らっても逃げることができます。大抵の場合相手はブーツ起動によるスピードアップを(+ポーションの使用)予想していないのでレーンへ戻ることができます。エナジー回復の効果によって種を5つ落として我慢強く待つことで再びレーンを安全な状態へ戻すことができ、帰還するかフルHPでレーンを歩くことができます。ブーツによってKILL出来るか、相手のHPを1残した状態で逃がしてしまうかが分かれます。

最後に、この最初の戻りの際にも購入することをお勧めしますが、アイテムスロットに空きがある限りは一つは買っておいたほうがいいでしょう。もし味方チームがマップを理解しているなら、敵の位置をチーム知らせることで、金鉱の侵略、ミニオン鉱山攻撃、レーンgankなどの状況をひっくり返すことができます。

最終ビルド

あなたは怪物です。この表現が適切かどうかは分かりませんが、フルクリスタルビルドのビルドは正直イカれています。ぼろぼろになった終盤戦のビルドでは1対3の状況で勝ったことさえあります。

と沢山のクリスタルは体力ゲージを破壊します。その理由はムニオンです。あなたのムニオンは45%のクリスタル力分の攻撃力を持っており、彼らの攻撃が130ダメージをたたき出しているのが分かるでしょう。もしが半分のクリスタル力しか持っていなければは攻撃においては単に4番目のムニオンに成り下がってしまいます。

私はが好きです。なぜなら毎回私はアルティメットを使って敵を倒すからです。ジャングルで相手を捕まえようが、相手が向ってこようが、素早いによって馬鹿げたダメージを与えます。以下に計算値を載せておきます。

は455+80%クリスタル力のダメージを与えます。ムニオン一体につき!クリスタル力がなかったとしても1365ダメージです。最終ビルドでは295のクリスタル力が追加されているので爆発ごとに236ダメージが追加されます。つまりトータルで2073ダメージになります(ダメージ軽減前の数値)。

2000ダメージを超える爆発ダメージを与えた後にそれぞれのムニオンが死ぬとで復活可能なを残します。を使用することでさらに255+110クリスタル力のダメージを与えることができます。要するに1738.5ダメージ(ダメージ軽減前)のダメージをさらに与えます。約4000ものダメージを与えることができ、さらにの効果によって25%回復することができてしまいます。

引用元の記事

 icon-link http://www.vaingloryfire.com/vainglory/guide/petal-to-the-metal-266

PC用300×250(記事内)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">